Jacques du Manoir ジャック・ドゥ・マノワール | 日本公式サイト

History

手頃な価格で高品質なスイス時計を提供する

かの有名な時計ブランド「SWIZA」がルイス・シュワブ氏によって生み出されたのは1904年のこと。彼が掲げた『手頃な価格で高品質なスイス時計を提供する』という理念は代々に渡って引き継がれ、1993年にはシュワブ氏の孫にあたるジャック・ボーグリ氏によって時計ブランド「Jacques du Manoir(ジャック・ドゥ・マノワール)」が生み出されます。

世代を超えて受け継がれる時計づくりの情熱

スイス・ムーティエで誕生した同ブランドのコレクション数は400点以上。現在同社は創業者ジャック・ボーグリ氏の息子、フランソワ・ボーグリ氏によって経営されており、シュワブ氏の理念のもと、昔ながらの丁寧な組立て手法を用い、毎年50を超える新モデルを発表し続けています。

ひとつひとつ手作業で組み立て

スイス・ムーティエの時計工房で組み立てられるJacques du Manoirの腕時計は、スイスの時計技師のこだわりと技術が詰め込められた上質なアクセサリーです。ユーザーの理想を可能な限り詰め込んだ腕時計は、ケース、文字盤、ムーブメント、ベルト、その他の小さな部品にいたるまで試行錯誤を重ねてつくりあげられています。代々受け継がれる技術と想いが詰まったスイス時計で、あなたの大切な時間を紡いでください。

Scroll Up